I need brain food

things to do when bored

Fuzzy Mud by Louis Sachar 読みました

Fuzzy Mud by Louis Sachar 

 

5年生のTamayaと7年生のMarshallは近所に住んでいるので毎日一緒に登下校している。ある日いじめっ子のChadが、帰り道で待ち伏せしていることを知ったMarshallは、迂回して森を通って帰ろうとする。TamayaはMarshallと一緒に帰るように言われているので、渋々Marshallを追って森の中へ。

彼らはすぐに道に迷った上、後ろからはChadが追いかけてくる。咄嗟の機転でChadを振り切って帰宅したTamayaだったが、右手の様子が何かおかしい。翌日には右手の症状は悪化。一方、Chadが行方不明になっていて学校は騒ぎに。Tamayaには何が起こったのか、そしてChadとはどんな関係が・・・。

 

カテゴリとしては子ども〜ヤングアダルトという区分に入るお話で、主人公たちの冒険と成長がメインテーマですが、コロナ禍を経てみると感染症小説としても読めて別角度からも考えさせられる。

対象年齢が低いので英語は平易で、お話も複雑ではないのでとても読みやすいので多読向き。米国の学校生活や価値観といったものも垣間見れる。

 

勇敢であることと蛮勇とは違う。

Ms. Filbert had once said that courage just meant pretending to be brave. “After all, if you’re not scared, then there’s nothing to be brave about, is there?”

 

企業理念とかでもありがちな、日本語化しづらい価値観。

she had to memorize a list of ten virtues: charity, cleanliness, courage, empathy, grace, humility, integrity, patience, prudence, and temperance.

 

無遅刻無欠席は米国でも表彰されたりするのか。

She had never missed a day of school. At the end of each school year, she’d been presented with a certificate for perfect attendance.

 

I Let You Goを読みました:

I Let You Go by Clare Mackintosh

 

どんなお話か

英国Bristolで5歳の少年Jacobが学校からの帰宅途中に、母親の眼の前でひき逃げにあって死亡した。

Jennaの人生は一瞬にして悪夢に変わった。彼女は再び前に進むため、わずかな望みを託して彼女のことを誰も知らない土地ーウェールズの沿岸地方にある人里離れたコテージーでの暮らしを始める。周りの人の親切に恵まれ少しずつ普通の暮らしを取り戻していくように見えたJennaだが、事故の記憶が彼女を苦しめる・・・

Jennaの視点と事故を捜査する刑事Rayの視点が交互に現れて話は進む。二人の物語が交錯するとき物語は全く新たな展開を見せる。

 

親として

図らずもまたしても親とは、がテーマの一つである作品。

たった一人の息子を轢き逃げで亡くしてしまった母親の気持ちとは。思春期を迎えて学校でうまくいっていないように見える息子に親はどう向き合えば良いか。

少し踏み込むとすぐにネタバレになってしまうので注意が必要だけれども、私はしっかりと作者の思惑にハマってしまったのだと思う。

 

英語について

Kindle版 で385ページなので長すぎず、英語も平易で読みやすい。Audibleだと男性・女性でナレーションが別れるし、出身の違いによるアクセントの違いもわかりやすいので勉強になる。 

 

我が家の子どもがまさにこういう感じなので覚えておきたい表現

He never stops moving; full of energy from the second he wakes until the moment his head hits the pillow. Always jumping, always running. (Kindle版2ページより引用)

 

これは自分もそうなので、いつか英語で使ってみたいところ。そもそも歳をとると誰かに褒められるみたいなことも減ってきますが。

I’ve never been good at receiving praise. (67ページより引用)

 

ミステリでよく出てきそうな表現。

The evidence told him one thing; his instinct was telling him another. (191ページより引用)

 

この’It would be enough...’みたいな文章は付き合いたてとかに言いがちではないでしょうか。ちょっと重いというか怖いと感じる人もいそう。いずれにしても月日とともにそうも言ってられなくなります。

It would be enough just to wake up with you every morning, and have you here when I get home from work (209ページより引用)

 

Hamnet読みました:シェイクスピアの時代を色鮮やかに描く

Hamnet by Maggie O’Farrell

 

Winner of the Women's Prize for Fiction 2020 (English Edition)

 

1596年の夏、英ストラトフォードに住む少女が突然の高熱に襲われる。彼女の双子の兄Hamnetは助けを求めて駆け回る。何故誰も家にいないのか。

二人の母Agnesは実家でハーブの世話をしていた。父親は遠くロンドンに住んでいる。両親ともにHamnetにこれから起こることを想像すらできないでいた。

 

物語の中心人物はAgnes。彼女はかのウィリアム・シェイクスピアの妻。彼女とシェイクスピアがどのように結婚に至り、Hamnetを含む3人の子どもを産み育て、家庭を築いてきたか、なぜシェイクスピアはロンドンに行くことになったのかを振り返る過去のパートと、HamnetそしてAgnesの視点から描く現在のパートが交互に展開される。

繊細かつ美しい描写に、シェイクスピアの生きた時代は本当にこういうふうだったんだろうなと感じさせる力強さがある。英語で読んでいても、文章がカラフルなのだけれど、浮かぶ情景はどこかセピア色になっているように感じる不思議。

シェイクスピアの家族については不明なことも多く、本書のエピソードも作者の想像によるところが大きいとのこと。これほどの解像度で400年

 

前の暮らしを想像・創造し、文章にできることに感服。

もちろん英語なので日本語を味わうのとは違うけれど、自分の拙い英語力でも感じるものがあった。

短くはない作品だけれども、シェイクスピアについて詳しくなって再読したら新たな発見がありそうで、英語学習の面からもモチベーションアップにつながった。

Love in the Present Tense 読みました

Love in the Present Tense by Catherine Ryan Hyde

ケヴィン・スペイシー主演で映画にもなった"Pay it Forward"の原作者による、感動小説ということで購入。

主人公は十代のシングルマザーPearl、その息子Leonard、隣人の起業家Mitchの3人。

3人の視点と時間を行ったり来たりしながら物語は進みます。

 

人に愛されなかった経験から自らはLeonardに愛を注ぐPearl。

I knew a baby is somebody who would always love me. Forever love, that’s what you get from a baby. He does not look at the clock and say oh shit. I better go home. (16ページより引用)

I made up my mind I would love him forever right back. That would be my whole job in the world. (同上)

 

ところがLeonardが5歳のある日、Pearlは彼をMitchの元に残して突然姿を消してしまう。

Mitchは血のつながりのないLeonardに対して、Pearlと同じような愛情を注いで親代わりとなる。

やがてLeonardは成長し、里親も見つかるのですが、それでもMitchとは固い絆で結ばれています。そして母親の行方について、死んでしまったのか、それとも自分を捨てて出ていったのか、複雑な思いを抱くことになります。読者はPearlがどうしていなくなったのかすでに知っているので、なんともやりきれない思いを抱えながら見守ることになります。

自分の子どもですらこれほどまでに愛情を注げているかというと全く自信がありません。読みながら反省しきりなのですが、それでも言うこと聞いてくれないとイライラして怒ってしまうという。

Audible版とKindle版で何故か文章に差があって、Kindle版の文章がかなり飛ばされてしまっていたのが残念。

3人の主人公が交互に語り手になり、年齢も状況も変わるのでそれに従って英語の難易度も変わるように思います。最初のPearlの章はちゃんとした書き言葉ではないのでかなり難しかったです。語り手による英語の違いや成長も感じられるので、英語学習的にも有益な一冊かと思います。

 

Crazy Rich Asians 読みました

Crazy Rich Asians by Kevin Kwan

Kindle版:417ページ

シンガポールの大富豪一族の跡取り息子Nickは、ニューヨークで出会った恋人Rachelをシンガポールに連れて帰る。親友の結婚式に出席するためだ。Rachelは米国で育った中国系で、シンガポールに行くのは初めでNickの実家が大富豪であることを知らない。NickはRachelとの結婚も視野に入れ、彼女を家族に紹介しようとするが・・・

 

中国語やシングリッシュが混じって戸惑うこともあるが、基本的に英語は平易でコメディタッチなので軽い気持ちで読み進められる。実在する地名や店を舞台に物語が繰り広げられるので、シンガポールに行ったことがあればなお面白く読めるのではないでしょうか。

ABC  (American-born Chinese)、HNWI (High Net Worth Individuals)、UBC (University of Billion Chinese)とか面白い表現もたくさん。

ああこういうこと言いそう、っていうのがそこかしこにあってクスリとしてしまいます。

“I’m so tired of all this ‘oohing’ and ‘aiyahing’—I keep thinking somebody is going into cardiac arrest!” (286ページより引用)

Audibleでオーディオ聴きながら読んでいたのですが、ナレーションの人がさまざまなアクセントを使い分けていて、そちらの観点からも非常に価値が高いと思いました。日本人が接する英語話者と言えば英米人よりも香港やシンガポールのアジア系の人の方が多くなると思うので、こうしたアクセントに慣れておくことは非常に重要。

映画版もあるそうなので、ウォッチリストに追加。続編の2冊もいつか読むに追加。

読んでみたらリッチになるためのヒントが少しでもあるかと思ったけれど、立地になるための本ではなくて、すでに超リッチな人々の本でした。ブランドとかファッションが好きなひとが読むと、作中の人々が身にまとう洋服についての煌びやかな描写が楽しいかもしれません。

 

Sycamore Row読みました

Sycamore Row
A JAKE BRIGANCE NOVEL
By John Grisham

 

A Time to Kill  (1989年、「評決のとき」)の続編として2013年に刊行された小説。

物語はA Time to Killから3年後、ミシシッピ州Clantonで大富豪Seth Hubbardが、首吊り自殺をする。Sethは末期の肺がんを患っており、与妙わずかと宣告されていた。死の直前、彼は手書きの遺言書を作成し、それが彼の死の翌日にJake Briganceに郵送される。遺言書には、Jakeを代理人に指名すること、遺産を子ども達や孫達には残さないこと、90%を黒人の家政婦Lettieに残すことが記されていた(残りは教会と行方不明の弟に5%ずつ)。当然のごとく彼の子供達との間で訴訟となって・・・というお話。

最初の数章だけ読んで、その後放置、長らく積読Kindleだけど)になっていたけど最近の英語読みたい熱上昇の勢いに乗じて改めて最初から読んでみた。

評決のとき」の映画が大好きだったので、Jake、Lucien、Harry-Rexらおなじみの面々の再登場は嬉しい。当時のキャストで頭の中で彼らが動き出して物語を進めてくれる。

Grishamの小説も20年くらい前は出る度に読んでたのだけど(The Street Lawyerくらいまでか?)、気づいたら随分長い間ご無沙汰でした。

彼の小説、映画のおかげでAlly McBeal、The Practice、Suitsといった法廷ドラマに興味を持った・・・という経緯もあるので思い入れが深い作家であり登場人物達であります。

さらなる続編も出たようなのでいつか読むことに、まずは他の積読を片付けようか。

 

 The Lion of Mars 読みました

The Lion of Mars

Jennifer L. Holm (著)

Grade level 3-7

Jan 2021

 

近い将来、火星への移住が可能になるかもしれません。

今進められている研究の成果を、少年少女たちの成長物語に織り込みました。

主人公のBellは火星で育った11歳。地球のことは写真や物語でしか知らない、彼の目を通して語られる火星の生活は必ずしも夢の移住生活というわけではなさそうです。まだ火星で自給自足するすることはままならず、食料や物資はたまにしか来ない地球からの補給に頼らざるを得ません。砂嵐の発生に悩まされます。

火星には他の国の移住者たちの基地もあるはずなのに、接触することは許されません。大人たちは何か知っている様子。

他の国との間に一体何があったのか。タイトルのLionの意味とは。

登場人物は多くないけれど、どれも魅力的で、いつか続きを読んでみたいなと思う。

子供向けの本なので英語も平易で、ページ数もそれほど多くないので多読にもってこいだと思います。